人材採用に関してのトラブル防止について

~人材適性診断CUBICのご案内~

・面接では人当たりが良さそうな人に見えたのに、性格に難があった。

・せっかく採用したのにすぐに退職してしまった。

・そんなに厳しくしたつもりはないけれど、メンタル不調で休職してしまった。

   …といったお悩みはありませんか?

そのような時には「CUBIC」のご活用をおすすめします!!

「CUBIC」とは??

AGP行動科学分析研究所が過去数十年にわたり、組織活性化と人的資源の有効活用という点について研究を進め、そのノウハウを診断形式にしたものがCUBICです!

採用場面の僅かな時間の面接では性格まで知ることは難しいものです。CUBICなら短い診断時間の中で被検者の向いている業務内容や潜在意識までをも正確に探ることが可能であるため、人材採用に関してのトラブル防止に有効です!!

「CUBIC」では以下の内容を診断できます!!

1.  性格・個性面~ どういう性格、パーソナリティか。気質、態度、性格など

2.   興味・価値観~ どういう関心事、興味領域を持っているか。生活の態度


3.   社会性~ 基礎的な職場での行動特性

4.   
意欲・ヤル気~ どういうことに意欲、ヤル気を出すか。基本的欲求、社会的欲求

CUBICの特徴

CUBICには次の診断があります

①採用能力検査  

職務遂行に必要とされる能力が欠如していては、安心して仕事を任せることができません。基礎能力検査は、職務に必要な基礎的な能力を把握するために実施ください。





②採用用個人特性分析


個人の資質や特性を「性格」「意欲」「社会性」「価値観」などの側面から評価します。 一般的な平均値と比較しながら、個人の特性や個性の全体像が具体的に把握できます。

また、多年度の受検者や新入社員の傾向を分析することで、年度別の特性比較や将来的に”会社が求め、必要とする人物像”を検討することができます。 

③現有社員用個人特性分析

職場における現実の行動面から、個人の適性や能力構造の特徴を客観的に分析します。 同時に「仕事に立ち向かう姿勢」や「組織だって仕事を進める能力」なども測定しますので、能力開発を効果的にすすめる補助データにもなります。

また、通常、適性検査は総務や人事あるいは経営陣が取り扱う資料といわれておりますが、受検者へ返却することができるフィードバックツールとなる自己分析シートを用意しております。自己認識、教育研修にご活用ください。





④現有社員用モチベーション測定


モチベーション測定は、「人は行動を決定する最終場面で何をよりどころにするか」を測定し、理想の働き方と現実を比較し、その格差から個人の仕事の原動力を探ることができます。





⑤現有社員用複眼評価分析


職務に関する上司・同僚・部下といった複数の目を通して人物評定を行うことにより、合理的・客観的に被観察者の人物像を描きだします。この観察結果に自己評価を交えることで、能力の特徴や持ち味を自己点検する資料となります。さらに各自の能力に応じた育成・開発の方向性を見つけることができます。

利用料金 顧問先特別価格 3000円から

詳しくは、お電話かメールでお問合せください.