医療労務 労働時間削減・経営改善コンサルティングとは?

医療労務 経営改善コンサルティングは、国家資格である社会保険労務士が売上につながるためのアドバイスを行います。

①事業、②採用、③育成、④管理、⑤予防、⑥規律の6つのテーマについて反復しながら病院経営のステップアップと院内ガバナンスの構築を図ります。

コンサルティングを実践していけば、右肩上がりの長期成長医院の仕組みづくり
院内ガバナンスの構築(モチベーション職員の採用・育成)が図れます。

医療労務 労働時間短縮・経営改善コンサルティングで得られる内容

 ①採用すべき人材と採用してはならない人材が見分けられる。(採用基準がわかる。)

 ②モチベーションと生産性を同時に高める人材育成ができる。(独自評価システムによる。)
(看護師、受付職員、薬剤師等のなすべきことがはっきりします。)

 ③困った職員への対処方法が分かる(勤務態度、能力、意欲、成果の問題)

 ④有給休暇、残業、突然の退職、職場内のゴタゴタをすべて解決する方法が分かる。

 ⑤職員を満足させる人事評価制度、賃金制度の設計ができる。(独自経営分析にもとづく人事制度設計システ
  ム)

 

 

ノア社会保険労務士法人のコンサルの特徴

(1)トラブル対策と労務改善

病院を中心とする企業顧問として、労働基準監督官との交渉、延べ3500件以上の労使トラブルを解決してきました。

(2)法的に病院を守る

 企業を法的に防衛するため10年以上の歳月をかけて労働事件専門弁護士と就業規則を開発し、
これをベースに病院専用の就業規則『病院専用 無敵の就業規則』を使い、従業員とのトラブルを未然に防ぎます。

(3)経営労務の提案

・病院・医院の特性にあわせた職員指導、採用方法、職場ルールと評価方法、モチベーション改革、明快な数値に基づく医院の方針と目標設定など、必ず実行に移して成果に直結する方法を提案。

コンサルパック内容

・病院・医院方針の経営改革

・採用計画の改革

・職員のモチベーション改革

・職員の改革

・病院専用 無敵の就業規則の作成

・労働時間削減コンサルティング

・人事評価、賃金制度改革

お問い合わせ後、ヒアリング、お見積りを致します。
お見積りまでは、無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。